atmark680の日記

投稿される記事の内容はすべてフィクションであり、いかなる所属する団体の見解とも一致しません

ウマ娘のリセマラと最序盤

2021/3/25 現在で、気が付いたら育成回数が100回を越えていたのと、周りに新しく始める人がチラホラ見えるので、リセマラから最序盤の流れだけ簡単に私見をまとめようと思う。

更新:2021/3/30

 

 1 はじめに

まず世界観やシナリオ鑑賞などは無視して、ウマ娘がどういうゲームかの説明から入ると、

 

・ストーリーを何度もクリアして、今までクリアしたウマ娘の能力を継承してより強いウマ娘を作る

・育てたウマ娘で対人コンテンツや強いNPCと戦う

 

が主にやること2つである。上を[育成パート]、下を[対戦パート]と今後呼称する。

 

 

 

2 リセマラ

 

 

リセマラは育成パートの質を上げるのが目標であるといっていいだろう。だが、このような早い段階にしてウマ娘の難しさが立ちはだかる。

 

ウマ娘はマスクデータも多い複雑で難しいゲームである。全体的に、「自分の持っているリソースをどのようにうまく分配するのが効率が良いか」を考えてプレイするかどうかで雲泥の差が出るような設計となっている。

 

象徴するのがガチャで、ウマ娘ガチャとサポートガチャの2種類がある。この2つのガチャのうち、どちらを回すかは難しい。

 

つまり、ウマ娘は、リセマラ段階からしてどちらのガチャを回すか難しく、攻略・考察する余地があるという大変に珍しいゲームなのだ。

 

リセマラの戦術が「難しい」とはっきりいえるゲームはなかなかないのではないだろうか。

 

リセマラの解説の前に、当然ウマ娘ガチャとサポートガチャの違いから述べる。

 

ウマ娘ガチャ:育成対象が出る。引いてないキャラは育成できない。

サポートガチャ:育成パートで育成対象の能力を上げるサポートキャラを引くガチャ

 

となる。もちろん育成対象もサポートキャラもどちらも欲しいので、悩ましさが既に生じている。

 

加えて、各カードを重ねて引くことにも十分価値があるという設計にもなっているので、考えることが更に増えていく。これは通称凸と言われていて、突破が語源である。

 

 

ウマ娘凸:ウマ娘をひくと、対応するウマ娘の素材が手に入り、いくつかたまると凸が出来る。凸はレジェンドレース以外でウマ娘ガチャを経由せず行うのは難しい。

 

ウマ娘は星が1から5まであり、凸によって星は上昇する。

星3になるとスキルと衣装が変わり、特に大きなパワーアップをする。

それに比べると星3から星5になるのは能力上昇だけなのだが、そもそもわずかな能力アップを工夫していくゲームなので、もちろん有用である。

 

よって、ウマ娘ガチャについては、「低レアリティを引いてもハズレと言い難い」ことが特徴である。低レアリティの星が少ないキャラを重ねて引いて凸が出来たら、一気に役立つようになる。

 

ウマ娘は「死にキャラ」のような存在がなく、キャラが増えれば増えるほど能力継承のパターンが増えるので、幅広い育成が大事なゲームである。

 

 

サポートガチャ:SSRの凸ナシより、SRの凸4の方が強い。SSRを幅広く集めても、末永くプレイするのであれば凸をしたSRがSSRにとって代わるということもあるだろう。もちろんSSRの凸アリは大変強い。

 

 

この凸の存在により、最高レアリティは重ねづらく凸しづらいというデメリットも内包した設計になっている。

 

少しずつまとめにはいっていこう。まず、ウマ娘とサポートの2種類について、種類重視と凸重視の2つのガチャの引き方にわけて、どのようなメリットがあるか考えていこう。ただ、どちらも凸重視のリセマラの方がはるかに大変なことは先に述べておこう。

 

ウマ娘、種類重視:ウマ娘の育成パートの能力継承は、親同士の相性が大事になる。そのため、幅広いウマ娘を集めておくことは、相性の選択肢、継承能力の選択肢、がともに増えるという意味で有用である。

 

特に、タイキシャトルオグリキャップ、は他のウマ娘でカバーできないところをカバーしてくれるので、出来れば持っておきたいと思える。星3ウマ娘を1体選んで交換させてもらえるチケットは初めからあるので、

 

タイキシャトル」と「オグリキャップ」から片方引く

 

のは目安の1つとなるだろう。

 

そもそも、ウマ娘は種類を集めるとそれだけ、「プレイ可能なメインシナリオの数が増える」。なので、対人に興味なくマイペースでのんびり遊びたい人は、ウマ娘の種類を最優先にするので問題ないとも考えている。そもそも、お気に入りの子が出るまでジュエル温存さえ選択肢になるだろう。

 

 

 

ウマ娘、凸重視:ウマ娘はピックアップがあり、ピックアップ対象はガチャで引ける確率も、引いた時の凸用素材も増える。

 

ピックアップ対象が好みのキャラのタイミングで初めて、そのキャラの凸を狙ってリセマラをするというのは、大変明快なリセマラ方針である。

 

ピックアップキャラ以外でもできないことはないが、辛いのでおすすめしない。

 

サポート、種類重視:SSRの種類をため込んでも効果は意外と実感しづらいゲームである。SR凸で十分なのと、カードごとにウマ娘に向き不向きがあることが理由だ。

 

だが、いくつか「必須」に近いものはある。個人的に特に大事だと思うのは

 

キタサンブラック >> たずな >> スーパークリーク 

 

である。

 

フレンドからのレンタルでは1体しか賄えないので、種類重視する場合はここから2体を目指すといいだろう。

 

他はSRでも、育成パート時点では困ることはほぼない。サポートガチャについては、種類重視で上を目指したリセマラをする意義があまりないという見解に至っている。

 

サポート、凸重視:こちらもピックアップがあるのだが、始める前の時点で、直接育成できるウマ娘ではなく、ウマ娘をサポートできるキャラを凸しようと思う人が、果たしているのかは疑問である。

 

もしいるとしたら、「キタサンブラック」があまりにも強く、実装段階から2天井して凸を狙うという人が多発しているぐらいなので、狙っていきたい。

 

 

このような考察から、

 

方針1

 

ウマ娘タイキシャトルオグリキャップから1人

サポート:キタサンブラック、たずな、スーパークリークから2人

 

確保し、残りはSRの種類が少ないと思えたらサポート。そうでないならウマ娘

 

方針2

 

ウマ娘ピックアップ中に凸を目指して頑張る

 

方針3

 

キタサンブラックを2凸

余裕あれば、タイキシャトルオグリキャップから1人も狙う。

 

 

が個人的なおすすめの方針となる。

 

方針2はうまくいったら金銭の大幅節約となるが、とても大変なので、星3を星4にするぐらいで妥協して、残りは課金で済ませるぐらいでよいだろう。わたしはミホノブルボンはこの方針で星5にした。

 

方針3で2凸なのは、凸の恩恵とリセマラの苦労を天秤にかけた提案である。とはいえかなり大変なので覚悟して挑む必要がある。

 

キタサンブラックのピックアップ期間に1凸とオグリキャップを確保出来たら、残りSSRとSRがまぁまぁ数が出ていると思えたら、妥協する。ぐらいが比較的早く終わるリセマラ方針であろうか?

 

3 最序盤

 

ついでに育成パートで最初にやった方がいいことなどを私見でまとめておく。

 

育成パートは強いウマ娘を育成し、継承し、の繰り返しのゲームである。その際、ストーリーがそもそも難しくて、クリアしづらいというのが最初の難関だろう。

 

育成時は、能力の因子(遺伝される能力)のうち、スピード、スタミナ、パワーが星3のウマ娘を作るのがまず目標となり、その次はウマ娘、そのウマ娘の両親、の3人ともが、スピード、スタミナ、パワーのどれかが星3の因子を持っている状況を作るのが目標となる。

 

この星3因子は育成終了時に、能力がBだとつく可能性がある。その能力がクリアに必要かどうかも併せて、

 

スピード B

スタミナ B

パワー B

根性 D

賢さ C

 

ウマ娘にクリア時になっているようなつもりでプレイするのがちょうどよい。この目標を達成するにあたり、フレンドで強いサポート持ちさえいたら自前のサポートに凸ナシのSRばかりでも問題ないと考えていることが、サポートSSRの種類にこだわる必要がないと述べた理由である、

 

これが辛かったら、タイキシャトルサクラバクシンオーハルウララ、といった短距離が得意なキャラで、スタミナをDで妥協して、スピードを伸ばすような育成から始めるとよいかもしれない。

 

4 フレンド

 

そしてこのゲームのスタートで最も大事なのが、スタートでフレンド掲示板で凸を十分してある人をフォローすることである。

 

サポート:ファインモーションスーパークリーク、たづな

ウマ娘:本人、両親がスピード、スタミナ、パワーから星3の因子を持っているウマ娘を、なるべく本人も両親もばらけるように広くフォロー

 

を目標としてフレンド掲示板をあさる必要がある。プレイ人数が多いゲームなのですぐ見つかるだろうが、もし見つからなかったら、ガチャ更新後にフレンドの再募集が大量にあるはずなので、そこを目指すとよい。

 

5 課金

 

この項は、十分に課金するだけの意欲と金銭余裕がある人向けの内容である。

 

10000円でジュエル5000個。1ジュエル2円なので、10連は3000円である。

以下すべてこの換算で課金額と効用の目安を述べる。

計算はしていないので、あくまでわたしの体感で適当な数値なのは断っておく。

そもそも、確率に基づくことなので、

 

全責任を自らが持つ前提で課金できない人は絶対参考にしないように

 

と注意しておく。また、割引された特別な購入が出来ることは以下では無視している。

 

 

ウマ娘:60000円程度の課金で、ある程度の星1、2が星3になり、手持ちが充実するだろう。星3が出なくても星1、2が出ても当たりなため、育成を気楽にするために最初に購入してもいいだろう。

 

サポート:120000円の課金で400連と天井2回で、ピックアップのサポートが2回引ければ完凸できる。その上、副産物でSRサポートが大量に完凸が揃う。

 

このゲームは、

 

ウマ娘ガチャ:星1、2が出ても才能開花の素材が入って戦力伸びやすい

サポート:SRの完凸に意義があるゲームなので、最初のうちは回して戦力伸びやすい

 

となっているので、ゲームを始めた直後に、この程度の課金をすると、とても手持ちが充実した状態でゲームがプレイでき、後に「人権」と呼ばれるキャラの追加でもない限り、新たな課金はしなくても遊べる資産となるだろう。

 

そのため、

 

リセマラ+好みのウマ娘がピックアップのタイミングで60000円で1天井+強いサポートで120000円で2天井

 

まで早い段階でやると超超快適なプレイが出来るだろう。

 

ガチャの人権はどうしてもたびたび登場してくる(そもそも今回のキタサンブラックがそれに近い)ので、初期投資のあとに追加投資が必要となる可能性は高い。

 

が、先述のようなプランでの課金が中課金で、それより狙いそのものが大きくなると重課金というような分類を、わたしはしている。

 

課金は十分やる気はあるけど、効率よくジュエルを使いたいという人は、自己責任で参考にされたし。

 

6 終わり

 

以上が最序盤のまとめである。育成の流れがハードル高いが、ここさえ理解出来たらあとは楽しく出来るゲームなので、興味のある人はぜひこの記事を参考に始めてもらえると嬉しい。